保険の見直しを行う際の心得とは

最近、テレビコマーシャルや雑誌などで、「保険の見直しを無料で行います」といった、保険の無料窓口の広告をよく目にします。「無料といいながら、相談したからには、なにかしら別の契約をしないと、帰ることができないんじゃないの」などと想像する方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。


この保険の窓口ので行われることは、あくまでもファイナンシャルプランナーの「相談者の加入している保険が、相談者のライフスタイルに合った適正なものになっているか」といった、中立的立場でも診断です。

たしかに、別の商品を紹介されることもありますが、それは、あくまでも、今加入しているものより、相談者にとってベストだと、プロの目線で判断したものをおすすめしているにすぎないのです。

新しい埼玉の保険代理店の最新情報を見つけよう。

気に入らなければ、断ればいいだけですし、断ったからといって、それ以上強くすすめられたり、帰れなくなったりするようなことはありません。
この保険の無料相談窓口を利用する際、必ず持参するよう指定されるのが「現在加入している保険の証券」です。

通常の場合、それ以上の準備を求められることはありませんが、特に指定されなくても、相談にいく前に、準備をしておいた方がよいことがいくつかあります。

白浜のツアーの情報がわかりやすく紹介されています。

それは、「自分自身の家庭の収支」と、「自分自身と家族の大まかなライフヴィジョン」について、大まかに把握しておくことです。

今話題の日帰りの尾瀬と大清水がオススメです。

というのも、保険の見直しを行う際、ファイナンシャルプランナーは「将来的にいくら必要なのか」「どういった補償が必要とされるのか」といった観点から、現在の保険が適正かどうかを判断していくため、必ずそういったことについて確認をされることになるからです。

ここで、「わからないから」と適当な返答をしてしまうと、正しい保険の見直しが行えないことになってしまいます。
さらに、注意しておいた方がいいこととしては、「相談には時間に余裕をもっていくこと」です。
1回最低2時間は必要になりますし、場合によっては、再度の来店を求められることもあります。

万が一の事態に備えるため決められた料金を納めて保障を買うというのが保険です。

健康な時や何のトラブルもない時には料金が無駄に思えてきますが、いつ何が起こるか分からないのでそれに備える安心料と考えると支払いも苦になりません。保険の種類と言うとまず思い浮かぶのが、生命保険です。

これは死亡したときにどのような保障をもらうかというものです。その中にも一定期間を保障するものや、一生涯を保障するもの、老後の貯蓄を準備するものなどなど様々な種類があります。家族構成などによってもかける金額も変わってきます。
医療保険と呼ばれるものは、その名の通り医療にかかる費用を保障してくれるものです。



最近ではガンになる方が増えているのでガン専用のものも増えています。

先進医療といって高度な医療にかかる費用を全額保障してくれるようなものを選ぶと安心です。


次に学資保険というものがあります。


これは、子供の将来の学費に備える貯蓄型のものです。

支払う金額のほとんどを将来子供の学費のために受け取ることができるのでお子さんがいらっしゃる方は入っておくと安心です。


これにもいろいろな種類があり、貯蓄性の高いものや保障が充実しているものなどご家庭にあわせて選ぶことが大切です。
次は自動車保険です。
これは自動車を運転する上で起こりうるリスクに備えるためのものです。


こちらも様々な特約やプランがありその方の運転状況にあわせて最適なものを選ぶ必要があります。



最後に紹介するのは火災保険です。

http://okwave.jp/qa/q7530393.html

これは自宅が火事や災害にあった時の被害を保障するというものです。
建物の種類や地域性などによってプランを選ばなければいけません。

他にもペットのための保険や旅行時のトラブルを保障するものなどいろいろな保険があります。

多くの種類があるものだから、しっかりとその内容を理解し自分にぴったりのものを選ぶ必要があります。

http://tmall.tsite.jp/campaign_p/hikaku/lifeinsurance/?scid=tlp_sb01

インターネットなどを利用して比較してみると分かりやすいです。

https://m3q.jp/t/1787

関連リンク

_pickedtitle1_

_pickedteaserText1_

more

_pickedtitle2_

_pickedteaserText2_

more